FC2ブログ

女は女である

日々の感じたことや、しんどいこととの向き合い方。女としての生き方の模索。人生をかけてアートに昇華。

眠れない夜にみると余計眠れなくなるもの。


最近とある事情で寝不足続きで大変困ってます。
私を困らせている原因はこちら。

まめきちまめこ ニートの日常

なんせ面白すぎて真夜中に声だして笑ってます。
言葉のチョイスと小気味良いテンポ、
そして絶妙な絵のタッチよ
天才か。
間違いなく彼女はプロニートだと思います。


リンク貼らせて頂いたけど、何か支障があればご一報下さい。
それとも先に許可とったほうがいいのかな?
こういうこと経験がなく、ネットコミュ障なもんで、
問題ありそうなら記事ごと削除しますね。


世代がわりと近いからセーラームーンとかポケモンの細かいネタがめっちゃわかるし。
ネフライトおったな、
クンツァイトとかな。
はぁ~うけるわ。
そしてセーラームーン記事を見て何故か無性にフィッシュアイを描きたくなった、という話。



武内直子先生はもうすでに時代の先取りをしていたよね。
男の娘というキャラ設定をね。


そういやまもちゃん(大学生)はうさぎ(中2)と付き合う前にレイちゃんと付き合ってたらしいけど

ち ょ っ と ロ リ コ ン 過 ぎ や し な い か …… ?

なんか、ちょっと、引くよね。
そして友達が元カノってなんか複雑よな…。
私だったら嫌だわ知りたくないわ。
ていうか疑うわ色々。()


ところで最近またおジャ魔女どれみを見たい症候群に陥ってます…。

ちなみにこちらのブログ、この記事も好き。

瀬川おんぷになりたくて気がつくと私は泣いていた
真っ直ぐで純粋でいつまでもティーンエイジャーみたいな感覚の人。
とても素敵な文章を書く方です。



私もすぐ共有したがるんだよなぁ旦那さんに、
ハンターハンターとかセーラームーンとかおジャ魔女どれみとかフルーツバスケットとかベルセルクとか。
良いものは分かち合いたいんですよね。
うざいよね、ごめん。(当人に家よ)
これ、気を遣わずにできる人が他にいないからな。
リアルでは絶対に自分の素を見せないし押し付けまいとする私。
そりゃ友達できないわけだよ。
(受け入れられない場合っていうのを考えるんでしょうね、空気感でわかるから。
それが面倒でその他大勢の人と同じですって顔をする癖。空気を読む癖。
あぁ…つまり典型的日本人とは私のことだった…人のこと言えないよ
、アルカイックスマイル!)


さて、まとまりのない記事になりましたが今日はこの辺で。

以上、お気にいりのブログの紹介でした。

スポンサーサイト



個人的にハマったゲームやおすすめ等


以下順不同
大体プラットフォームはPS4。たまに3も混ざる。あと3DS。


ハマった、大好きなゲーム及びシリーズ


オブリビオン
スカイリム
フォールアウト3、4、ニューベガス
デモンズソウル
ダークソウル、2、3
ブラッドボーン
テラリア☆
ドラゴンズドグマ

とびだせどうぶつの森(多分もうやらない。何故ならリアルに支障をきたすから…)

ライフイズストレンジ New


まぁまぁ楽しめたゲーム


ボーダーランズシリーズ☆
スターデューバレー
ソルトアンドサンクチュアリ☆
バイオハザード5、6☆
ディヴィニティ : オリジナル・シン エンハンスド・エディション☆
ヘビーレイン
ラストオブアス
コナン アウトキャスト
討鬼伝2
ドラゴンエイジ : オリジンズ
ドラゴンエイジ インクイジション
アリス マッドネス リターンズ
東京ジャングル☆
ポータルナイツ★
パペッティア☆
リトルビッグプラネットシリーズ☆



画面分割プレイにおすすめなものは☆印をつけました。
★は二人でできるけど制限があったり処理落ちしたりストレスフリーにできないもの。


オンラインゲームとアプリはやらない主義です。
基本的に創造性があり、自由にさせてもらえるゲームが好きみたい。
ファンタジーが好きだからオブリビオンとダークソウルはどツボ。超ツボ。
スカイリムはタムリエルが舞台なので雪原ばかりで少し気が滅入ったのでね…。



フォールアウトも荒廃してるから。それが良さでもあるが。
ちなみにあの荒廃した世界をPip-Boyのラジオを流して相棒ワンコとあてもなく旅するのはすごく好きだけども。
建築できるゲームで酒場を作りがちな奴←私
(TESシリーズは意地でもPC版はやらない。何故なら現実に帰ってこれなくなるから)

あと映画みたいなゲームも好物。
FPS、ハクスラ、ホラー、ミステリー色々好きな要素あるけれど
主人公が作れないとなかなか手が伸びず、
やっても長続きしない傾向にある。
しかも主人公作れてもオープンワールドでなかったり
自由度が低いとあんまりハマれない。
要は自分の想い描く人物像で自由に冒険したい!大自然が好き!没入感が欲しい!んだと思います。
そして年々好みの幅が狭まっています…。


たいがいやってるので忘れてるものもありそう?
思い出したら追記しますね。


今後プレイ予定、発売を心待ちにしているもの


ボーダーランズ3
コードヴェイン(初タイトルで、発売元を考えると自分の嗜好に合うか不安が残るが…)
サイバーパンク2077
仁王2
TESシリーズ続編
ブラッドボーン続編



趣味が合う、参考になりそうと思って頂けたら幸いです。

今後ゲームのタイトル別に語りたい気もするけど、そういうの要る?(笑)


ライフイズストレンジから学ぶ“if”の考察(微ネタバレ?)


人間には絶対馬が合わない相性もあるかもしれないけど
人間関係の構築において大事なのは

最初の印象…
・どの場所で会うのか
・人生のどんなタイミングか
・自己のその時の感情

そういうことを深く考えさせられます。


これらは時間巻き戻し系のお話全般に言えることかもしれないけど、
ライフイズストレンジで秀逸なのは登場人物ひとりひとりの心理の細かな描写。

とある側面、時間軸では悪人にしか見えない人も
違う時間軸で深堀りしていけば、弱さを抱えていたり色んな事象と葛藤していたり
その人間の置かれている複雑な環境を目の当たりにして共感をしてしまう自分(及びマックス)がいます。


私は常に思うんですが、“悪”だけの人って絶対いないんですよね。
人間はその時その時直面している問題に心を常に揺り動かされている生き物なんだと思う。


基本の善と悪の比率は人それぞれで、
生まれ持った資質と、
生れたあとの育った環境が構築していくイメージ。


そもそも突き詰めていくと善と悪ってなんだって私も思うんですが
私は今のところ悪について、、、
本能(目の前の相手を殺らなければ食糧にありつけない)ではない
気に入らない他人を陥れたい気持ち、と定義しています。


ライフイズストレンジが秀逸なのは登場人物ひとりひとりが等身大であること
時間を巻き戻せるという能力自体は超越的なものであるにもかかわらず
マックスもクロエも普通の女の子で
どのような選択肢を選んでもリアリティーがあること。


私達誰もが生きている限り常に選択をしているということ。
その中で、人生において重大な分岐点があったということ
誰もが(長く生きたり経験すればするほどに)意識せざるをえないでしょう。
その没入感がとても良い。


とにかく今私はとてもノスタルジック。
この想いを全て的確に文章に乗せれれば、
絵に表現できれば、
どんなにいいかと思いますが。
まだまだ力不足で歯痒いです。


でも今お酒飲んでてふわふわしてて心地が良い。


少なくとも私は今の自分に満足していて後悔はない、かな。
細かい失敗、後悔はたくさんありすぎるほどあるけど。
とにかく生きていて良かった。
死んじゃったら何も体感できないんだから。


ライフイズストレンジ、私が友達いらない理由(ネタバレなし、自分語り)


ライフイズストレンジは映画のようなゲームです。
マックスと親友クロエの物語。
私は時間巻き戻し系映画の先駆けとも思われるバタフライエフェクトが好き。←2、3は微妙なのでお勧めしません。


とは言えバタフライ効果だのカオス理論だの
もうあれから時は経ち、似たような映画が出過ぎてお腹いっぱい気味だったんですが
ライフイズストレンジの素晴らしいところは主人公マックスや親友のクロエ
そして同級生達の心理描写がとても丁寧で生々しいところ。
誰にだって良い一面もあれば逆もあり、心の闇のようなものを持っている。(思春期なんて特にね)
そこがとてもリアルで引き込まれるポイントでした。


そして私が感情移入してしまう一番の理由は
マックスの内向的なところやエモさがかつての自分と重なるところ。
そして同じようにクロエのような親友がいたから。


私もマックスと同じように親友を“捨てて”しまったから。
今も罪悪感を感じるし、自分は薄情な人間と思っている。
実際昔から今まで私は自己中のまんまだし。
だからそんな私みたいな人間は友達を持つべきではないんだと今もそう思っている。


彼女は本当にクロエにそっくりでやばいぐらい重ねて見てしまう自分がいて複雑な気持ちにもなります…。

彼女はクロエのように見た目は派手でやんちゃで悪ぶっているけど
でもその実とても繊細で独りぼっちが怖い子。
友達をとても大切にする心優しい子。
複雑な環境に身を置いていて自分を大切にできない子。

対照的に私は内向的で大人しい子(でも内心嫌いな人間には毒を吐く)、でした。


あの子はいつも自信のない私のことを可愛がってくれたから、
お姫様キャラで居させてくれたから特別に居心地が良かったんです。
そして私は昔から人の顔色を伺うし空気を読むので決して余計なことは言わない。
だから一見正反対なふたりだったけど相性が良かったんでしょうね。


なのに私は彼女から離れた。


その事実が今も私の心の中にしこりのようなものを残し続けます。
でも、マックスみたいに巻き戻しはできないんですよね。


今も私は彼女のことが好きだし幸せを願っています。
私はあの時自分のことを優先してしまった
その決断は間違いではなかったと今も思っている。
でもいつまで経っても裏切ってしまったような気持ちが残り続ける。


でも彼女は私のこと鼻から怒ったり恨んだりしてないんですよね。
私にはわかる。そういう子だから。


私が気持ちに応えれなかったから。
あくまでも私の心の問題なんですよね。




庭で死んでいた小鳥。すかさず写真撮ったけど、自己嫌悪した。




私はひとりっ子でのびのび育てられたせいか
昔からひとりでいるのが好き。
どんなに仲良くなってもべたべた距離が近すぎる関係は駄目なんですよね。
気持ちが重いのも受け止めきれなくて、、、

奇数グループで誰かがひとりになりがちな時にすっと身を引くのはわりとデフォで。
大学生の時なんかはあえて基本はひとりで行動して
尚且つ色んなグループの子と仲良くして世渡りゲームみたいに楽しんでた。


とにかくまぁ、結局ひとりが楽でひとりで行動しちゃう。今も。
私はひとりでいる時よりも大勢でいる時のほうがよっぽど孤独を感じるしな。


そして今現在の私はマックス(こじらせエモーショナル)とレイチェル(自己中ナルシスト)の
悪いとこどりしたみたいなババァになってしまいましたとさ。
とほほほ~
でもそんな自分が好きで手に負えないや…。まじでどうすんだ。


ところでウォーレン愛しすぎる。
子犬みたいで可愛いなぁ。
あんなに素直に好き好きオーラ出されるとくすぐったくて甘酸っぱい。
でもマックスはその気ないんだもんなぁ。
私だったらすぐ好きになってしまうよ。

私は絶対大物になる




あっタイトルはネタなんで。。。


こんな世界のすみっこにあるブログの記事に目を通して下さる方
インスタでいいねやコメント、たまにDM下さる方
本当にありがとうございます。


ブログ拍手は好奇心で自分で押しちゃったものもありますが
押した覚えもないのに拍手が増えてた時にはまじでびっくりしました。
あとインスタで過去の投稿にすごい勢いでいいねしてくれる人もいてびっくり&うれしい。
本当にありがとうございます。糧です。


これからも出来るだけ末長く続けていきたいと思ってます。
半分冗談だけど半分本気で、
何か自分が生きていた功績を残したいので
死ぬまでアートと文章には正面から向き合って取り組みたいと思ってます。


んで、長く続けてたらいつかもしかしたら運良く多くの人目に触れちゃったり
人気者になっちゃったりするかもしれないんで
(言うてほぼないと覚悟はしてる。しかも人気者になんてなりたくない)
先にここでワガママなお願いをしておきます。


この先ブログのコメント欄閉じる予定ないので
感想、批評素直に受け止めるつもりです。
全てに返信とかは難しいかもだけど目を通させて頂きます。


で、お願いというのは何があっても私の意見に100%同意を示さなくてよいということ
全ての記事において鵜呑みにせず私の人間性に対しても疑ってかかる姿勢で読んで下さると助かります。
そして何があっても絶対に擁護はしないで欲しいということ。望んでません。
批評、批判も大事な意見のひとつだと思うから。
ただそれが最早悪口、暴言でしかないなら私はスルーしますので。
ここに来る方皆さんにもスルーしてもらいたいなぁというのが私からのお願い。
もし嫌な気持ちになるなら無理して見に来なくていいので。


たまに他人のブログを見ててコメント欄にものすっごくお節介な人いるけど
そんなに溢れ出る想いがあるなら自分の日記やブログに書けばいいのにと思う。
もしくはブログ主に絶対に伝えたい熱い想いがあるなら
コメント欄に書くという不確実な方法を選ばずに直接メッセージ送ればいいんじゃないかな。
ま、それも迷惑にはなると思うけど。
お節介と思いやりのバランスはとても大事。

あと応援してる風に見せかけて火に油を注いでしめしめと思ってる人もいるので
ほんとに油断も隙もないのがネットの世界。
(だがそれを逆手にとって炎上商法をしている強者もいるのが現実。逆にそういう人は構うと喜ぶ)


北斗の拳的な世界だと思って臨んでます私は。
だからそんなところに身を置くということは
いつどこから攻撃を受けても不思議はないということなんですよね。


何かを成し遂げるにはリスクは絶対に伴うと思うから。
それに恐れていたら前に進めやしないぜ。
とアウトローな感じで締めてみた。おしまい。